映画感想

悲しい喜劇?ノートルダムの鐘

こんばんは、asshです。

今日は去年観劇した「ノートルダムの鐘」の話を書きます。

ノートルダム大聖堂はとても残念なことに去年の大火事でほぼ焼失してしまいましたが、5年後の修復に向けて動きがあるようですね。

とても長い道のりになりますが、粘り強く頑張ってほしいです。

劇の話ですが、下の絵がパンフレットの表紙でポスターにも載ってるやつですかね。

f:id:pepsikohei:20190418234326j:plain
ノートルダムの鐘

今回は、二つの感想を書かせてもらいます。

というのも観劇直後に思ったことと
観劇からしばらく経ってからで感じたことが変わったからです。

・観劇直後

結論から言うと、私は最初フロロー(悪役)に同情しました。

なぜかというと、
フロローは教えに従い精進して地位と名声を得た人物であり、
弟の子供(カジモド)を押し付けられて、
世間の残酷さから守りながら育てたにもかかわらず、
最終的にその子供に殺されてしまうという状況だったからです。

すげー可哀そうだと思いました。なんて理不尽なんだと。。

その上、悪者扱いされるという。

勿論最終的に、
自分の思いに耳を傾けられなくなって現実から逃げるため、
自己肯定してエスメラルダを火あぶりにしてしまったのは
同情の余地はないですが。

それまではいいおっさんだったと思います。

・観劇から時間が空いてから

観劇から時間が空くと、直後に感じた同情とかはなくなって、

冷静にこの物語が何を伝えようとしているのかに注目し始めました。色々なテーマが込められているのですが、私が一貫して一番強く受け取ったのは

「自由」というテーマです。

この物語に出てくる主要キャラは、主人公カジモド、育て親フロロー、隊長フィーバス、自由の女神エスメラルダです。
エスメラルダは他の3人を魅了する女性です。

なぜ、他の3人が魅了されたのか。

彼女と他3人の違いは、彼女は誰より自由であるということ。

主人公カジモドは鐘つきとして軟禁された状態で街を大聖堂の上から眺めることしかできない縛られた存在。

フロローは神の教えというもので自分を雁字搦めにしてしまったとても不自由な存在。

隊長フィーバスは上の指示により、自分のしたいことを抑えて戦場で兵士として命を懸けて戦う組織に縛られた存在。

それぞれ自由を失った男は彼女に関わるたびに惹かれていく。

フィーバスは隊長という身分を捨てて、エスメラルダを守る決断をする。

カジモドは外に出ればひどい目に合うし、フロローに逆らえば居場所もなくなるということを分かりながらもエスメラルダを救い、最終的にはフロローを殺してしまう。

二人は自分を縛るものから、自分を解放し、納得のいく決断をしたため、結果的にはよい人生になったと取れる。

しかし、フロローだけは自分が真に欲することに理解を示せず、現実逃避と自己肯定のためエスメラルダを殺してしまい、

最終的には客観的に観たら”悪”と取られる行動を起こしてしまう。(神の教えに背いている)

この時点で、自分を神格化しており、独善的な行動となっている。そして最終的に悲劇が起こる(義理の息子に殺される)
これはフロローにとって納得のいかない結末だっただろう。

再び平穏の日々が戻ると思ったら、その逆だったのだから。。

また、最後の問答からも「自由」がテーマとして強く印象付けられた。

「弱いのはお前だ、邪悪なのもお前だ!」

「言いましたよねご主人様、僕は強いって」

このセリフで出てくる「強い」「弱い」というのは
心のことを指していて、
自由に怯えて掴めなかったフロローに対して「弱い」、
恐怖に打ち勝ち、自由を手に入れたカジモドに対して「強い」
という解釈ができる。

つまり、カジモドとフィーバスは自由になる勇気が
あったから納得のいく人生を送れた。

しかしフロローにはその勇気がなかったから、
納得のいかぬ結末になってしまった。

人間、自由になるのは本当に恐いし、今まで積み重ねたものを失うことはとても苦しい思いをする。

でももし、自分の中に沸々と湧き上がるものがあるなら、

その気持ちに耳を傾け、
時にはすべて投げ出す覚悟で挑む方が自由であると感じ、
結果としてよい人生だったと思えるのかもしれない。

社会人3年目になり、色々と持ち始めた自分にとっては耳が痛い話だ。

ある人が言った。

「俺は1セントしか持っていない時の方が、金持ちになった今よりも自由だった」と。

人は持ちすぎると自由を失っていくものなのかもしれない。

そういう意味で、カジモドとフィーバスの物語は喜劇だったのだ。
以上から、この物語は悲劇ではなく、「悲しい喜劇」なのではないかと思う。

長文駄文読んでいただきありがとうございました。
私も自由になる勇気をいつまでも失わずに生きていこうと思います。

p.s.

「答えてほしい謎がある、人間と怪物、どこに違いがあるのだろう」

→What makes a monster, and what makes a human?

(何が怪物を作り、何が人を人たらしめているのだろう)

この問いに対して答えるとすれば、「心の在り方」だと思う。

ただ、この問いの突き詰めた回答はまだ私にはできない。

まだ考え続ける必要がありそうだ。

月収600万円のプロに学ぶ、ハケン社員が生きる道

どうも、月収600万円のプロに学び
月収15万円から月収100万円を目指している
ashです。

僕は、ハケン会社に勤めている26歳です。
夢と希望を持って社会に出たものの、
現実は理想とは大きく違い、
毎日の残業と精神的な疲労により一時期体調を崩し、
国指定の難病に罹ってしまいました。

そんな時、自分でもお金を稼げるようにならないと
まずいのではないか?という危機感を感じ、
色々探して、ネットビジネスに辿り着きました。

最初は怪しいと思いつつも、
定期で来るメールに目を通していると
何気ない日常に隠れている面白い部分を発見できるようになり、
毎日の生活が少し楽しく感じられるようになりました。

そこから月収600万円のプロに教えてもらい、
自分でもやってみたところ、
残業で稼ぐより遥かに簡単に
月10万円前後の収入を得ることができました。

懐に少し余裕ができたおかげで、心にも余裕ができ、
健康に気遣った食生活を送ることもできています。

僕の師事している先生は、
どんどん新しい事も教えてくれるので、
日々成長していることを感じます。

ここまで読んでくれた方はわかると思うのですが、
僕自身、この情報を知らなければ
いつ派遣切りに合って仕事がなくなるのか、
きっと今も将来が不安で仕方なかったと思います。

僕にとってネットビジネスで出会った情報は、
財産であり、武器でもあります。
これからの時代、自分の身は
自分で守らなければなりません。

僕はこの情報という武器を手に入れて、
自信がつき、人生の舵が大きく変わりました。

だから、僕と同じように
将来への不安を抱えている一人でも多くの人に
ビジネスを知ってもらい、
自分の中に武器を持ち、自信を持って
生きるきっかけになればと思い、
僕はこうやって情報発信をしています。

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が先生に学んでいる情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなども
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

有益なプレゼントも配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと思います。

僕自身、楽しみながら書いているので、
「読み物として」でも読んでいただければ嬉しいです。

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。