ビジネス

神社参拝のコツ

どうも、asshです。
最近蒸し暑くなってきて、
キンキンに冷えたキュウリを
丸々一本かじりたい季節になりましたね。笑

今日は
月収100万以上稼ぐビジネスの師匠から聞いたお話です。
僕はこれを聞いて、
人への接し方や神様への接し方に
意識が向くようになりました。

これは僕が月に一回師匠と通話する機会があって、
月10万円前後の収益をあげることに成功したという報告を
行ったときのお話です。

僕は師匠に言われた通りに、
1ヶ月頑張ってその成果を報告したんですが、
師匠はそのことに対してとても喜んでくれました。

その際に、神社参拝の手土産を例に出して
下のように言ってくれました。

神社参拝で考えた時に、
前々から準備してきてくれた人と、
偶々ふらっと訪れた人で受けるご利益は全然違う。

また、神様に対して手土産を持っていく人と
そうでない人で受けるご利益は全然違う。

これらの人の違いは何かというと、
’気が向いているかどうか’という部分であると。

自分が神様だったとしたら誰でも、
前々からの準備や手土産というものを通して
敬意を払ってくれる 、気を向けてくれる人には
良いことが起きるようにしたいと思う。

これは人に会う時にも同じことが言えて、
気を向けてくれている人に対しては、
親切に、丁寧に接したいと思い、

逆に粗末に扱ってくる人に対しては、
適当に接してしまうのが正直なところだと思います。

今回の話で言えば、
僕は師匠にとって良い報告をすることで、
良い手土産を渡すことができました。

それにより、
師匠は嬉しい気持ちになったから、
こういう話をしてくれたんだと思います。

逆にここで良くないネガティブな報告をしていれば、
きっと師匠もあまり気持ちよくはないでしょうし、
こんな良い話は得られなかったと思います。


人は人に会うことで、
何かしら影響を与えています。
そういう意味では、
神様以上に慎重に人に会うべきだと思います。

どんな影響を与えるかは
言葉が一番大きい比重を占めているので、
特に面倒を見てくれている人に対しては
ポジティブな報告を心掛けるべきだと。

ポジティブな報告をしようと思ったら、
自ずと考え方が変わり、日々の行動も変わってくる。

だからこそ、
人に会う時にも神社参拝と同じ気持ちで、
敬意を払い、気を向けることが大事なんですね。

人に敬意を払うことが、
自ずと自分の時間に対しても
敬意を払うことに繋がるというのは面白い考え方だと思います。

僕も日常でこの神社参拝のコツを意識していきます。
ここまで読んでいただきありがとうございます。
それでは今日はこのへんで。

月収600万円のプロに学ぶ、ハケン社員が生きる道

どうも、月収600万円のプロに学び
月収15万円から月収100万円を目指している
ashです。

僕は、ハケン会社に勤めている26歳です。
夢と希望を持って社会に出たものの、
現実は理想とは大きく違い、
毎日の残業と精神的な疲労により一時期体調を崩し、
国指定の難病に罹ってしまいました。

そんな時、自分でもお金を稼げるようにならないと
まずいのではないか?という危機感を感じ、
色々探して、ネットビジネスに辿り着きました。

最初は怪しいと思いつつも、
定期で来るメールに目を通していると
何気ない日常に隠れている面白い部分を発見できるようになり、
毎日の生活が少し楽しく感じられるようになりました。

そこから月収600万円のプロに教えてもらい、
自分でもやってみたところ、
残業で稼ぐより遥かに簡単に
月10万円前後の収入を得ることができました。

懐に少し余裕ができたおかげで、心にも余裕ができ、
健康に気遣った食生活を送ることもできています。

僕の師事している先生は、
どんどん新しい事も教えてくれるので、
日々成長していることを感じます。

ここまで読んでくれた方はわかると思うのですが、
僕自身、この情報を知らなければ
いつ派遣切りに合って仕事がなくなるのか、
きっと今も将来が不安で仕方なかったと思います。

僕にとってネットビジネスで出会った情報は、
財産であり、武器でもあります。
これからの時代、自分の身は
自分で守らなければなりません。

僕はこの情報という武器を手に入れて、
自信がつき、人生の舵が大きく変わりました。

だから、僕と同じように
将来への不安を抱えている一人でも多くの人に
ビジネスを知ってもらい、
自分の中に武器を持ち、自信を持って
生きるきっかけになればと思い、
僕はこうやって情報発信をしています。

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が先生に学んでいる情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなども
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

有益なプレゼントも配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと思います。

僕自身、楽しみながら書いているので、
「読み物として」でも読んでいただければ嬉しいです。

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。