未分類

誠実を引き出す力

どうも、asshです。
別記事でも書きましたが、
今週は入社時からお世話になっている
上司のお別れ会がありました。
今日はその方が、(Y氏とします)
度々お話ししていた誠実さについて書きたいと思います。

Y氏は良く自部署の人のことを
みんな誠実だと言っていました。
でも、僕が思うにその誠実さを引き出していたのは
まさにY氏であると思います。

なぜなら、人には好意の返報性と言って、
与えてもらった好意を好意で返そうとする性質が
あるからです。

Y氏は、日頃から誠実に接していました。
例えば、
Y氏は自部署の人、ひとりひとりにとって
人生がいい方向にいく様に
日頃の行動や仕事を観察して、
一人一人に向き合ってアドバイスをしていました。

その誠実な行動が、
一人一人に届いた結果、
最初は煩いなぁと思う様な人も、
これが繰り返されるうちに
有難いなぁと感じる様になっていったと。

会社にいると、
自分が今どこにいるのか、
どこに行けばいいのか、
このままでいいのか
僕はたまにわからなくなる時があります。

それはなぜか?
多分、社会に出ると
学校にいる時と違って、
自分を導いてくれるものがなくなるからです。

周りの人も何も言わなくなります。
多少悪いところがあっても、
自分に関係なければ特に何も言わないのです。
結局、仕事上の繋がりだけなので、
他者への干渉をなるべく避ける様になります。

だからこそ、
普段の自分を見てくれて
フィードバックをくれる存在はとても貴重だし、
客観的に自分と向き合えるので、有難いです。

そして、それがY氏が皆にしていたことです。
それもY氏は、上司だからと言って
上から物をいう訳ではなく、
その人がどう考えているのかを聞いてから、
参考程度に自分の意見をいってくれます。

そこに誠実さを感じるから、
皆最終的には、
Y氏に対して誠実でいようとするのだと思います。

人に誠実にしてもらいたいのなら、
自分もその人に対して誠実である必要があると
感じた別れでした。
周りの人は自分の鏡であるとは
昔から言われていますが、
まさしくその通りであると思います。

誠実さを他者にばかり求めていないか?
自分はその人に対して誠実な行動が取れているか?
改めて日常の中で考えて行動していこうと思います。

この場を借りて、

Y氏には感謝を、
そしてこれからも頑張ってください、
と伝えさせていただきます。
本当にありがとうございました。
(勿論、直接伝えてはいるのですが、
書いていたら勢いが余りました←)

ここまで読んでいただきありがとうございます。
それではまた。

月収600万円のプロに学ぶ、ハケン社員が生きる道

どうも、月収600万円のプロに学び
月収15万円から月収100万円を目指している
ashです。

僕は、ハケン会社に勤めている26歳です。
夢と希望を持って社会に出たものの、
現実は理想とは大きく違い、
毎日の残業と精神的な疲労により一時期体調を崩し、
国指定の難病に罹ってしまいました。

そんな時、自分でもお金を稼げるようにならないと
まずいのではないか?という危機感を感じ、
色々探して、ネットビジネスに辿り着きました。

最初は怪しいと思いつつも、
定期で来るメールに目を通していると
何気ない日常に隠れている面白い部分を発見できるようになり、
毎日の生活が少し楽しく感じられるようになりました。

そこから月収600万円のプロに教えてもらい、
自分でもやってみたところ、
残業で稼ぐより遥かに簡単に
月10万円前後の収入を得ることができました。

懐に少し余裕ができたおかげで、心にも余裕ができ、
健康に気遣った食生活を送ることもできています。

僕の師事している先生は、
どんどん新しい事も教えてくれるので、
日々成長していることを感じます。

ここまで読んでくれた方はわかると思うのですが、
僕自身、この情報を知らなければ
いつ派遣切りに合って仕事がなくなるのか、
きっと今も将来が不安で仕方なかったと思います。

僕にとってネットビジネスで出会った情報は、
財産であり、武器でもあります。
これからの時代、自分の身は
自分で守らなければなりません。

僕はこの情報という武器を手に入れて、
自信がつき、人生の舵が大きく変わりました。

だから、僕と同じように
将来への不安を抱えている一人でも多くの人に
ビジネスを知ってもらい、
自分の中に武器を持ち、自信を持って
生きるきっかけになればと思い、
僕はこうやって情報発信をしています。

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が先生に学んでいる情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなども
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

有益なプレゼントも配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと思います。

僕自身、楽しみながら書いているので、
「読み物として」でも読んでいただければ嬉しいです。

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。