日記

BARカウンターの記憶がスイッチ切り替えに使えた話

どうも、asshです。
5月まで緊急事態宣言が延びてしまったのが残念でならない心持ちですが、
今日も書いていきます。

実は最近、仕事の内容が変わりまして、
今までと違う全く新しい分野を研究することになりました。
それと同時に住む場所も変わりまして部屋の整理に最近まで追われていたのですが、
その中で感じたことというか思い出したことがあったので書き殴ります。

今回の部屋は人生初、スタンディングデスクを導入してみました。
座ると結局捗らないということをここ最近のテレワークで思い知りまして。

突然話が変わってくるんですが、
僕は学生時代BARでバイトしていました。
そうです、バーテンダーです。

そのお店は夜から朝まで営業していて大体2時以降になると、
人が減るので店員も減っていくわけです。
僕はお金がなかったのでなるべく長く入りたいというのがあって
明け方までいることが多かったのですが、
大体3時以降になると店長が寝始めます。笑
(店長は昼も働いている人だったので。。)

そのため、お店は一人で任されることになります。
バーカウンターの中に一人、ムーディーな音楽の中突っ立ていると
これが意外と眠くならないんですよね。
服装はスーツだし、靴も革靴なので足は痛くなるんですが、
なんとなく集中できる雰囲気なんですね。

スタンディングデスクを家に導入して前に立つと
バーで働いていた時の雰囲気や風景が蘇ってきて、
目の前のことだけに集中できるんですよね。

これって多分、僕にとって集中のスイッチに
なってくれているんじゃないかなと最近思います。

ついでに言っておくと、
バーで働いていた時って当然ですけど
目の前にはお酒、グラス、バースプーン、シェイカーとか
バーに関わるものしか置いてなかったんですね。
そうなるとお酒作るか、シェイカー練習するか、
グラス拭くかしかできない訳です。

だから机は90cm×60cmありますが、
ペン、デスクライト、水、メモ、パソコンくらいしか置いてません。
必要最低限のものだけ残してそれ以外に意識が奪われないように。

BARで働いてた頃を思い出すと、お酒を飲みたくなりますが。。笑
そして家にBARを作りたいですね。
〇〇専用部屋みたいなのは絶対欲しい。

想像してると楽しくなってきたので、今日はここまでにします。
ここまで読んでいただきありがとうございました。
取り止めのない話でしたが、
皆さんも自分のスイッチ探してみてくださいね。
それは意外と自分の経験の中に埋まっているかもしれません。

月収600万円のプロに学ぶ、ハケン社員が生きる道

どうも、月収600万円のプロに学び
月収15万円から月収100万円を目指している
ashです。

僕は、ハケン会社に勤めている26歳です。
夢と希望を持って社会に出たものの、
現実は理想とは大きく違い、
毎日の残業と精神的な疲労により一時期体調を崩し、
国指定の難病に罹ってしまいました。

そんな時、自分でもお金を稼げるようにならないと
まずいのではないか?という危機感を感じ、
色々探して、ネットビジネスに辿り着きました。

最初は怪しいと思いつつも、
定期で来るメールに目を通していると
何気ない日常に隠れている面白い部分を発見できるようになり、
毎日の生活が少し楽しく感じられるようになりました。

そこから月収600万円のプロに教えてもらい、
自分でもやってみたところ、
残業で稼ぐより遥かに簡単に
月10万円前後の収入を得ることができました。

懐に少し余裕ができたおかげで、心にも余裕ができ、
健康に気遣った食生活を送ることもできています。

僕の師事している先生は、
どんどん新しい事も教えてくれるので、
日々成長していることを感じます。

ここまで読んでくれた方はわかると思うのですが、
僕自身、この情報を知らなければ
いつ派遣切りに合って仕事がなくなるのか、
きっと今も将来が不安で仕方なかったと思います。

僕にとってネットビジネスで出会った情報は、
財産であり、武器でもあります。
これからの時代、自分の身は
自分で守らなければなりません。

僕はこの情報という武器を手に入れて、
自信がつき、人生の舵が大きく変わりました。

だから、僕と同じように
将来への不安を抱えている一人でも多くの人に
ビジネスを知ってもらい、
自分の中に武器を持ち、自信を持って
生きるきっかけになればと思い、
僕はこうやって情報発信をしています。

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が先生に学んでいる情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなども
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

有益なプレゼントも配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと思います。

僕自身、楽しみながら書いているので、
「読み物として」でも読んでいただければ嬉しいです。

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。