日記

がりがリーマンの筋トレ牧場その1〜1週間目の壁〜

どうも、
最近筋トレを継続中のasshです。
僕は身長は180cmと恵まれたものの、
体重は高校3年生からずっと57kgでやってきました。

周りから痩せすぎ痩せすぎと言われ続け、
何度か筋トレして良い体格になったろうと思い、
奮起したこと多数、毎回最初のやる気は海の藻屑となりいつの間にやら消えていきました。

1週間の壁登場

なぜ毎回そんな風に途中で終わってしまうことがあったのか、
それは筋トレ1週間目の壁が立ちはだかっていたからです。

筋トレ1週間目の壁、それは何かというと、
風邪みたいな症状になって体調を崩す、
ということです。

これは筋トレ初心者にはよくあることだそうで、
始めたての頃は筋肉痛が激しく、筋肉が熱を持ってしまう上に、
回復するためにエネルギーを多く使うため、
一時的に体調も悪くなってしまうそうです。

僕は毎回これにやられていたんですよ。
この体調悪い期間に風邪を引いたりして、
しばらく筋トレやらないと1週間とはいえ折角ついた筋肉が元通り。

こうなった時のあの徒労感といえばないです。
しかもこの状態だと言い訳が立つから、筋トレから距離が開く開く。

それでしばらくするとまた筋トレやり始める。
また体調崩す、この繰り返し。

やっと超えた1週間の壁

実はこの度、このスパイラルから抜け出せたようです。
すでに筋トレを始めてから1週間ちょい。
体重は57kg→60kgまで増加。

今までにないハイペースで体重が増加しております。
また、体調の方も良好。

何より大きいのは今の環境です。

というのも僕の会社にはトレーニングルームがあって、
昼休みや仕事終わりに使用可能です。
僕は毎日昼休みの20分間を使って、一ヶ所を追い込みます。

今はビッグ3と言われる筋トレ(スクワット、ベンチプレス、デッドリフト)をメインに、
時間が余れば他の部位に効く筋トレをやっています。

毎日積み重ねる感覚があるので、筋トレを通してとてもポジティブな感覚を得ています。
何より筋トレすると自分を好きになれるのがでかいです。
自己肯定感が上がるだけで人生の中で見える景色、認識できることは変わります。

これ以上筋トレの話すると、筋トレセールスマンみたいに思われそうですので、今日はここまでとします。

ここまで読んでくださりありがとうございます。

 

 

月収600万円のプロに学ぶ、ハケン社員が生きる道

どうも、月収600万円のプロに学び
月収15万円から月収100万円を目指している
ashです。

僕は、ハケン会社に勤めている26歳です。
夢と希望を持って社会に出たものの、
現実は理想とは大きく違い、
毎日の残業と精神的な疲労により一時期体調を崩し、
国指定の難病に罹ってしまいました。

そんな時、自分でもお金を稼げるようにならないと
まずいのではないか?という危機感を感じ、
色々探して、ネットビジネスに辿り着きました。

最初は怪しいと思いつつも、
定期で来るメールに目を通していると
何気ない日常に隠れている面白い部分を発見できるようになり、
毎日の生活が少し楽しく感じられるようになりました。

そこから月収600万円のプロに教えてもらい、
自分でもやってみたところ、
残業で稼ぐより遥かに簡単に
月10万円前後の収入を得ることができました。

懐に少し余裕ができたおかげで、心にも余裕ができ、
健康に気遣った食生活を送ることもできています。

僕の師事している先生は、
どんどん新しい事も教えてくれるので、
日々成長していることを感じます。

ここまで読んでくれた方はわかると思うのですが、
僕自身、この情報を知らなければ
いつ派遣切りに合って仕事がなくなるのか、
きっと今も将来が不安で仕方なかったと思います。

僕にとってネットビジネスで出会った情報は、
財産であり、武器でもあります。
これからの時代、自分の身は
自分で守らなければなりません。

僕はこの情報という武器を手に入れて、
自信がつき、人生の舵が大きく変わりました。

だから、僕と同じように
将来への不安を抱えている一人でも多くの人に
ビジネスを知ってもらい、
自分の中に武器を持ち、自信を持って
生きるきっかけになればと思い、
僕はこうやって情報発信をしています。

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が先生に学んでいる情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなども
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

有益なプレゼントも配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと思います。

僕自身、楽しみながら書いているので、
「読み物として」でも読んでいただければ嬉しいです。

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。