日記

僕が筋トレを始めたしょうもない理由とやってみた事。

どうも、asshです。
昨年から続けている筋トレとその理由と
筋トレした時の変化について書こうかなと思います!

僕は昨年の9月くらいから、ある理由で筋トレしています。
今までの人生の中で運動とかは人並みくらいにはできていたんですが、
その割に身体が細かったんですね。
(180cmあるのに体重55kgとかです。笑)

それで背は高いのに、細いせいで「ガリガリ」だの「痩せすぎ」だの
よく言われてきましたね。
元々細いことはコンプレックスではなかったんですが、
世の中というものは残酷でそういう言葉を簡単に浴びせてきます。
その中で段々と細いことがコンプレックスになっていった訳ですね。

それで大学時代にも何回か筋トレを継続させようと
思い立ったことはあったんですが、これがなかなか続かない。
気がついてみると社会人になっていて、20代も後半に差し掛かってきました。
いつまでもこんな事で立ち止まっているのもバカらしいし、
やはり会う度に言われると悔しいですよね。

それに、昔の人間は狩猟して生きてきたわけなので、
食欲・睡眠欲・性欲の3大欲求並に動くっていうのは
人間にとって大事なんじゃないかと考えるようになり、
とりあえず運動習慣を付けたかったんです。
まあ側から見ればしょうもない理由ですね。笑

そのため、家の近くのジムに通うことにしました。
とりあえず週2、3回くらいで行き、プロテインも買いました。

最初の1、2週間は筋肉痛と疲労で正直いやでした。
身体からは発熱するし、免疫力も下がって風邪ひきやすくなるし。
これは後から知ったんですが、意外と誰もが通る道みたいですね。
最初の頃は身体が慣れていないから、異常に体力を消耗するみたいで、
2週間を過ぎると疲れも取れてむしろ力を発散できている感覚になりました。

しばらくすると、会社にトレーニングルームがあることを知りました。
それならジムの会費もかからないし、
昼休みは今まで持て余していたからちょうど良いやと思い、
昼休みの20〜30分を使って毎日トレーニングをすることにしました。

毎日トレーニングするために、
日毎に違う部位をトレーニングするように、
大きく3種目を軸にトレーニングを割り振りました。
まずはビッグ3と呼ばれるベンチプレス・スクワット・デッドリフトを
どれか一つ組み込み、それに付随するメニューを組んでみました。

例えば、ベンチプレスの日なら腕と大胸筋がメインになってくるので、
ダンベルフライ(大胸筋)やミリタリープレス(三角筋)を一緒にやるみたいな。

一種類だけでも良いんですが、それだと飽きもくるし、
全体的に鍛えたいと思っていたのでそういう感じでやってみました。

これを毎週繰り返してると、
2、3週間もすると体に変化が表れはじめます。
そうなるとモチベーションも上がっていきました。

というか毎日どこかしら筋肉痛なので、
筋肉を意識せざる終えない生活になります。
そしてこの筋肉を意識するということがポイントです!

基本的に人間は何か身体を動かそうとする時、
脳→筋肉に信号を送っています。
だから脳→筋肉への流れはみんな意識的にできると思います。
でも、筋肉→脳への信号は普段あまり意識していませんよね。

そうすると、
動かしたい筋肉が普段あまり使っていない筋肉の場合
信号の送り方が分からなかったり、
その部分だけを意識して信号を送れなかったりします。

例えば、
目の見えないヘレンケラーは
初めて水を触った時に「water!」という訳ですが、
それも水を触って初めて感触が分かるのであって、
脳から触ったことのないものの感触を信号として送ろうとしても
あまり具体的な感覚にはなりません。

筋肉痛になった時に
痛い部分の筋肉を意識するとその感覚が得られます。
運動する時って
無意識に使っている筋肉って意外と多くて、
あんまり使ってる気がない部分でも痛くなったりします。
それで当然そこを動かそうとすると痛くなりますよね。

これがチャンスです!
この時にどんな動きをすると痛くなって、
どんな風に動くと痛くないのかを知ることによって、
その筋肉を動かす信号の送り方を会得していけます!

僕自身はピアノを弾いたことはないんですが、
なんとなくピアノを弾くのに似ているんじゃないかと。
どこの鍵盤を叩くとどんな音がして、
どのくらいの強さで叩くとどのくらいの大きさで鳴って、
その音と他の音の違いはこのくらいで、みたいな。

初めてやることだと大体そうだと思うんですが、
キャッチボールでも
どのくらいの力で、どの角度で投げれば、
どのくらいの距離飛ぶかって、段々とわかっていきますよね。
その感覚と同じです!

で、これができるとなにが良いかというと
次のトレーニングの際に使いたい筋肉だけを使えるようになります!
その分、自分の付けたい筋肉だけに集中して
負荷を掛けられるようになるって事ですね。

これができるようになってくると、筋トレが楽しくなってきます。
まさに筋肉と会話できるようになる!
という表現がぴったりかもしれませんね。笑

習慣化の話も書こうと思ったんですが、
長くなってしまったのでまた次回にしようと思います。

ここまで読んでくださりありがとうございました。
筋肉痛の時にちょっとでも意識してくれると嬉しいです。
それではまた!

月収600万円のプロに学ぶ、ハケン社員が生きる道

どうも、月収600万円のプロに学び
月収15万円から月収100万円を目指している
ashです。

僕は、ハケン会社に勤めている26歳です。
夢と希望を持って社会に出たものの、
現実は理想とは大きく違い、
毎日の残業と精神的な疲労により一時期体調を崩し、
国指定の難病に罹ってしまいました。

そんな時、自分でもお金を稼げるようにならないと
まずいのではないか?という危機感を感じ、
色々探して、ネットビジネスに辿り着きました。

最初は怪しいと思いつつも、
定期で来るメールに目を通していると
何気ない日常に隠れている面白い部分を発見できるようになり、
毎日の生活が少し楽しく感じられるようになりました。

そこから月収600万円のプロに教えてもらい、
自分でもやってみたところ、
残業で稼ぐより遥かに簡単に
月10万円前後の収入を得ることができました。

懐に少し余裕ができたおかげで、心にも余裕ができ、
健康に気遣った食生活を送ることもできています。

僕の師事している先生は、
どんどん新しい事も教えてくれるので、
日々成長していることを感じます。

ここまで読んでくれた方はわかると思うのですが、
僕自身、この情報を知らなければ
いつ派遣切りに合って仕事がなくなるのか、
きっと今も将来が不安で仕方なかったと思います。

僕にとってネットビジネスで出会った情報は、
財産であり、武器でもあります。
これからの時代、自分の身は
自分で守らなければなりません。

僕はこの情報という武器を手に入れて、
自信がつき、人生の舵が大きく変わりました。

だから、僕と同じように
将来への不安を抱えている一人でも多くの人に
ビジネスを知ってもらい、
自分の中に武器を持ち、自信を持って
生きるきっかけになればと思い、
僕はこうやって情報発信をしています。

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が先生に学んでいる情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなども
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

有益なプレゼントも配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと思います。

僕自身、楽しみながら書いているので、
「読み物として」でも読んでいただければ嬉しいです。

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。