アニメ・漫画

アニメ「PHYCO-PASS」槙島聖護が語る、自分と向き合う読書のすすめ

こんばんは、

どうも、ashです。
PHYCO-PASSというアニメを観ていて、
あるセリフが印象に残ったので、書きます。

ちなみにPHYCO-PASSについてですが、
舞台は
人間のあらゆる心理状態や性格傾向の計測を可能とし、
それを数値化する機能を持つ「シビュラシステム」が導入された西暦2112年の日本

人々はこの値を通称「PSYCHO-PASS(サイコパス)」と呼び習わし、有害なストレスから解放された「理想的な人生」を送るため、その数値を指標として生きていた。

中でも、犯罪に関しての数値は「犯罪係数」として計測され、たとえ罪を犯していない者でも、規定値を超えれば「潜在犯」として裁かれていた。
そんな監視社会でも発生する犯罪を抑圧するために厚生省の内部部局の一つである警察組織「公安局」に属する刑事は、シビュラシステムが組み込まれた特殊拳銃「ドミネーター」を用いて、治安維持活動を行っていた 。

そのような時代背景で働く公安局刑事課と犯罪者との戦いや葛藤を描く。

という作品です。
SFでありながら、将来的にもあり得そうな、
というかむしろ既に部分的にはありそうなお話だと思います。

その作品中に登場する、
槙島聖護という天才的な知能を持つ敵は
かなりの読書家でカリスマ性を持った魅力的なキャラです。
その槙島が本の引用や考え方について語る、
こんな場面が出てきます。

~以下抜粋~

槙島:
本はね、ただ文字を読むんじゃない。
自分の感覚を調整するためのツールでもある。

チェ・グソン:調整?

槙島:
調子の悪い時に本の内容が頭に入ってこないことがある。

そういう時は、何が読書の邪魔をしているか考える。
調子が悪い時でもスラスラと内容が入ってくる本もある。
何故そうなのか考える
精神的な調律?チューニングみたいなものかな。

調律する際大事なのは、
紙に指で触れている感覚や、
本をペラペラめくった時、
瞬間的に脳の神経を刺激するものだ。

読書について「調律」と言っているんですよね。
この感覚、面白いと思いました。

今まで私は読書は何か知識を得るもの、
知らない考え方を知るものとして考えていました。
ですが、この台詞から感じ取れるのは
自分自身に目を向けることなんですよね。

調律について調べてみると、

「調律」…楽器の音高を、演奏に先立って適切な状態に調整すること。

ここでいう楽器が自分のことで、
音高というのが精神といったところでしょうか。

瞑想にも似たところがあるかと思います。
今まで本を読んでいても、正直、この視点はなかった。

読書をする中で知識を得ようと思うことはあっても、
読書が自分の「調律」に使えるというのは
納得と同時に衝撃でした。

それを「調律」という言葉で表しているのが秀逸ですよね。

 

槙島のこのセリフの後で、
相棒のチェは「あなたと話していると僕の今までの人生、
損をしていた気になる」というようなことを言っていますが、
自分もまさしくそう思ってしまいました。笑

 

この視点で読書したことはなかったからです。
本と向き合っているようでいて、実は自分とも向き合っている。
今までの読書でもそれを意識できていたらと思うと。。

まぁでも今からの読書を変えていけばいいですかね。
新しい気持ちで本が読めると考えるとそれはそれでわくわくしますし。

今週は久しぶりに紙の本を読もうかな。

 

それではまた。

月収600万円のプロに学ぶ、ハケン社員が生きる道

どうも、月収600万円のプロに学び
月収15万円から月収100万円を目指している
ashです。

僕は、ハケン会社に勤めている26歳です。
夢と希望を持って社会に出たものの、
現実は理想とは大きく違い、
毎日の残業と精神的な疲労により一時期体調を崩し、
国指定の難病に罹ってしまいました。

そんな時、自分でもお金を稼げるようにならないと
まずいのではないか?という危機感を感じ、
色々探して、ネットビジネスに辿り着きました。

最初は怪しいと思いつつも、
定期で来るメールに目を通していると
何気ない日常に隠れている面白い部分を発見できるようになり、
毎日の生活が少し楽しく感じられるようになりました。

そこから月収600万円のプロに教えてもらい、
自分でもやってみたところ、
残業で稼ぐより遥かに簡単に
月10万円前後の収入を得ることができました。

懐に少し余裕ができたおかげで、心にも余裕ができ、
健康に気遣った食生活を送ることもできています。

僕の師事している先生は、
どんどん新しい事も教えてくれるので、
日々成長していることを感じます。

ここまで読んでくれた方はわかると思うのですが、
僕自身、この情報を知らなければ
いつ派遣切りに合って仕事がなくなるのか、
きっと今も将来が不安で仕方なかったと思います。

僕にとってネットビジネスで出会った情報は、
財産であり、武器でもあります。
これからの時代、自分の身は
自分で守らなければなりません。

僕はこの情報という武器を手に入れて、
自信がつき、人生の舵が大きく変わりました。

だから、僕と同じように
将来への不安を抱えている一人でも多くの人に
ビジネスを知ってもらい、
自分の中に武器を持ち、自信を持って
生きるきっかけになればと思い、
僕はこうやって情報発信をしています。

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が先生に学んでいる情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなども
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

有益なプレゼントも配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと思います。

僕自身、楽しみながら書いているので、
「読み物として」でも読んでいただければ嬉しいです。

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。