日記

財布を落としただけなのに…。

どうも、タイトル通り財布を落としてしまったasshです。
いやー まさか社会人になって財布を落とすとは思いませんでした。
気に入っていた財布だけあってショックですね、笑

それに僕の場合は財布に身分証からキャッシュカード、クレカ、家の鍵まで
全て入れていたのでそれらの再発行が鬼ほど手間なのであります。

身分証は免許証(この前更新したばっか笑)、マイナンバーカード、
健康保険証が入っていたのでそれぞれ手続きするところが変わってきて
有休使わないといけないし、本当に悲しみです。

今回はそんな自分の失敗談を基に財布をなくした時の対応とその反省について
つらつらと書かせていただきますね。

財布がない!と気づいた瞬間

それは初めてのテレワークが終わり、
晩ご飯のために買い物に出ていた時に起こりました。

テレワークは頭の切り替えが難しいと聞いていた通り、
その日はパソコンを閉じてからもなんとなく頭の中で
仕事のことを考えていたためぼーっとしていました。

いつも通り徒歩3分のスーパーに買い物に行き、
マイバッグに荷物を入れて家路につきました。

ここで確認しておけば良かったのですが、
この時点では僕はまだ気付きません。
その日はそのまま眠りにつき、
翌日も午前中からテレワークを行い、
午後は気分を変えてスタバにでも行こうと思ったその時、
「あれ、財布なくね?」と気付きました。

昨日歩いた道をトレースしてみましたが、
財布は見つからず、スーパーにも警察にも
電話で訊きましたが、届いていないとのこと。
スーパーには見つかり次第連絡してくれるように
名前と電話番号、財布の特徴を伝えました。
警察には遺失届を書いてもらいました。

とりあえずはすぐに使われる可能性がある
クレカだけは止めておきました。
それから3日間待っていましたが、
財布は帰ってこなかったのでキャッシュカードも止めました。

この時点でもう帰ってこないだろうとは考えていましたが、
キャッシュカードや免許証などの再発行はまだしませんでした。
どちらも平日に対応する必要がある案件だからです。

そうこうしている内に1週間が経ち、
諦めがついたので現在再発行中です。

次項からは今回の反省点を列挙してみました。

今回の反省点

まさかスーパーと家の往復だけで財布を無くすとは、、、。
悔やんでも悔やみきれません。
以下、今回の反省点を列挙していきます。

1. 財布の中身を全て把握していたわけではなかった。
2. マイナンバーカードの個人番号カードコールセンターに紛失連絡を忘れた。
3. 財布に紛失防止タグを入れておくべきだった。
4. 帰宅したら財布の有無を確認するべきだった。
5. 出先では財布を常に意識する。

以下、順番に詳細書いていきます。

1. 財布の中身を全て把握していたわけではなかった。

財布の中身って覚えてますか?
身分証明書やクレカ、キャッシュカードくらいは
覚えていると思いますが、診察券とかポイントカードとか
名刺とかってあんまり覚えていないんですよね。

そういう意味では財布の中身をスマホにメモしておくとか、
財布の中に入れておくものを決めておくのが大事です。

それと僕はクレジットカードを2枚持っているのですが、
どちらも財布に入れていまっていたので
1枚は家に置いておくべきだと思いました。
いざというときにすぐに使えるカードがあれば、
現金がなくてもなんとかなりますからね。

2. マイナンバーカードの個人番号カードコールセンターに紛失連絡を忘れた。

マイナンバーカードは警察だけでなく、
個人番号カードコールセンターにもすぐに連絡が必要です。

しかも再発行には1ヶ月程度かかってしまうので、
なるべく早めに対処しておく必要があります。

僕は警察にだけ連絡していたので後から連絡しておきました。

3. 財布に紛失防止タグを入れておくべきだった。

これは財布をなくして初めて知ったのですが、
世の中には便利なものがあります。
それが紛失防止タグというものです。

財布とか紛失物って自分で探そうとすると手がかりがなさすぎて、
探せないから警察頼りになってしまうわけですが、
手がかりがあれば自分で行動が起こせるんですよね。

今回長い時間待って思ったんですが、
待つのって結構エネルギー持ってかれるんですよ。
頭の中から離れないし、でも自分ではどうしようもない、という。

紛失防止タグがあれば、
アプリをダウンロードしている人がその近くを通れば
携帯に通知がきたりするので格段に無くしたものの手がかりが
増えると思います。

僕はこれ、買うことに決めました!

4. 帰宅したら財布の有無を確認するべきだった。

5. 出先では財布を常に意識する。

紛失防止タグの中には、スマホと連携しているのがあって
スマホから何メートル離れたらアラームが鳴るのもありますが、
これが基本だなと思います。

帰宅したら財布の有無をまず確認する!
これが一番大事ですね。

何かを持って出かけたら、
持って行ったものがあるかちゃんと確認する癖付け。

紛失防止タグとかは結局保険に過ぎないし、
電池も1年とかしか保たないので
一生使い続けるのはナンセンスだと思います。

確認する癖が完全につくまでのセーフティネットとして使い、
最終的にはものを無くさない人間になるっていうのが
大事ですね。

自転車に乗る時も最初は補助輪を使って
感覚を掴む練習をしますが、それと同じです。

ものを無くさない最も確実な方法は
紛失防止タグを入れておくことではなく、
生活の中でこまめな確認を怠らないことです。

今の僕が言っても説得力はないですが、
説得力が出るように習慣づけを
今後はちゃんとやっていきたいと思います。
何か参考になるところがあれば嬉しいです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

月収600万円のプロに学ぶ、ハケン社員が生きる道

どうも、月収600万円のプロに学び
月収15万円から月収100万円を目指している
ashです。

僕は、ハケン会社に勤めている26歳です。
夢と希望を持って社会に出たものの、
現実は理想とは大きく違い、
毎日の残業と精神的な疲労により一時期体調を崩し、
国指定の難病に罹ってしまいました。

そんな時、自分でもお金を稼げるようにならないと
まずいのではないか?という危機感を感じ、
色々探して、ネットビジネスに辿り着きました。

最初は怪しいと思いつつも、
定期で来るメールに目を通していると
何気ない日常に隠れている面白い部分を発見できるようになり、
毎日の生活が少し楽しく感じられるようになりました。

そこから月収600万円のプロに教えてもらい、
自分でもやってみたところ、
残業で稼ぐより遥かに簡単に
月10万円前後の収入を得ることができました。

懐に少し余裕ができたおかげで、心にも余裕ができ、
健康に気遣った食生活を送ることもできています。

僕の師事している先生は、
どんどん新しい事も教えてくれるので、
日々成長していることを感じます。

ここまで読んでくれた方はわかると思うのですが、
僕自身、この情報を知らなければ
いつ派遣切りに合って仕事がなくなるのか、
きっと今も将来が不安で仕方なかったと思います。

僕にとってネットビジネスで出会った情報は、
財産であり、武器でもあります。
これからの時代、自分の身は
自分で守らなければなりません。

僕はこの情報という武器を手に入れて、
自信がつき、人生の舵が大きく変わりました。

だから、僕と同じように
将来への不安を抱えている一人でも多くの人に
ビジネスを知ってもらい、
自分の中に武器を持ち、自信を持って
生きるきっかけになればと思い、
僕はこうやって情報発信をしています。

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が先生に学んでいる情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなども
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

有益なプレゼントも配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと思います。

僕自身、楽しみながら書いているので、
「読み物として」でも読んでいただければ嬉しいです。

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。